長茎術で包茎を改善しよう

包茎手術にはデメリットがある!?

包茎を治す手段で一番有名なのはやっぱり手術だよな。
包茎手術。
余分な皮とか亀頭の邪魔をしてる皮を切ったり縫ったりする包茎手術をすることで、初めて綺麗な亀頭を出すことができるようになる。

けど、包茎手術って手術が終わった後に新しい問題を作っちゃうことがあるんだよな。
この問題ってなんだと思う?
正解は先細りした弱々しい亀頭を全部さらけ出しちゃうことだ。

手術を受けるまでの包茎ペニスの亀頭ってのは当たり前だけど皮に邪魔されてる。
だから、あんま成長できてないことがほとんどだ。
なんて言えばいいんだろ・・・亀頭が小さいし、変に細いんだよな。

で、その状態のペニスを手術して余計な皮を切っても亀頭は急に成長するワケじゃないから見た目がカッコ悪い亀頭はそのままってワケだ。
せっかく包茎手術をして余計な皮を切除したのにこれだと満足感があまりないよな?

だかあ、術後の亀頭の見た目も何とかしたいって思う人は包茎手術じゃなくてペニス増大手術で包茎を治すこともあるぞ!

早いペニス増大は手術で決まり!

「包茎が治った後の亀頭を気にするのならペニス増大手術もあり!」
みたいな感じで書いたけど、別に亀頭を大きくするだけなら他のペニス増大法でも構わないんだよな。

けど、一番効率が良いのはやっぱりペニス増大手術や亀頭増大手術に限るぞ。

ペニス増大手術のすすめ

包茎ってのは亀頭が余計な皮をかぶってる状態だ。
だからその皮が邪魔にならなくなるくらいの長さのペニスにすれば包茎が気にならなくなるってワケ。

これはどのペニス増大法を使った包茎治療にも言えることだが、やっぱり確実性&スピーディさを求めるならメンズクリニックとかで受けるペニス増大手術が一番だぞ。

包茎で悩んでる人っていうのは今すぐにでも治したいって思ってることが多いから、これはアリだな。

亀頭増大手術のすすめ

この記事の最初の方でも書いたけど、包茎が治ったからと言って亀頭が小さいのまで治るワケじゃない。

だったらどうすればいい?

答えは簡単。
メンズクリニックで亀頭増大手術を受ければ良い。

調べた限りだと亀頭増大手術はすぐに終わるからこれもペニス増大手術と同じくスピーディにできるってワケだな。
ちなみに他のペニス増大法だと器用に亀頭増大だけ大きくすることなんて無理だからな!

ペニス増大&亀頭増大はかなり高額費用!

「なるほど。
なら包茎手術よりペニス増大手術と亀頭増大手術で治した方が良くないか?」

まあ、そう思うよな。
けど、この2つの手術を受けるってなると2つの問題点が出てくるぞ。

高額な手術費用が必要になる!

ペニス増大手術は包茎手術と比べてかなりお金が必要になる。

大体、メンズクリニックにもよるけど大体5万円くらいの差はあるんじゃないか?
で、これはペニス増大手術だけの話。

そのあとにさらに亀頭増大手術まで受けると普通に包茎手術を受けるよりも10万以上も高くなるってことになるぞ。

亀頭増大手術は一度受けて終わりじゃなくて何度も定期的に受ける必要があるしな。
だから、この方法はかなりお金がかかる方法だと思ってくれ。

見た目は悪いまま!?

ペニスを大きくして包茎を治して、亀頭を大きくして小さかった亀頭をかっこよくした。

でも、これって余分な皮についてはノータッチだよな?
ペニス増大手術&亀頭増大手術で包茎を治したとしても、基本的にあまった皮はそのままだ。

そうなると皮はどうなるのかって?
そんなのだぶだぶになって見た目が悪くなるに決まってるだろ。

結局、包茎の治療で見た目を良くするにはまずは皮をなんとかしないと意味がないってことだな。

長茎術や亀頭増大手術を利用した包茎治療は便利なように見えるけどやっぱり大きなデメリットがあるんだよな。

そもそも、ペニス増大を利用した包茎治療であることにかわりはないから真性包茎とカントン包茎を治すのには使えないしな。
だから、メリットやデメリット、あと自分の包茎の状態を見比べてみてどの方法を選ぶのかが重要だってことだな。

サブコンテンツ

このページの先頭へ