精力剤の良し悪しは成分で決まる!ペニス増大効果のある成分はコレだ

ペニス増大サプリを使って自分の包茎を治そうとしてる人の数はどんどん増えてきてるぞ。
真性包茎とカントン包茎には効果がないってのは知ってても、やっぱり手軽さや安さは大きな魅力だもんな。

で、このペニス増大サプリのペニスを大きくする効果の決め手は当たり前だが含有成分だ。

ネットの掲示板や口コミなんかで評判の良い精力剤には必ず良質な増大成分が多く含まれてる。
逆に「最強のペニス増大サプリ、誕生!」みたいな広告を打ち出してても肝心の増大成分が全然含まれてなかったらペニスのサイズアップなんて期待するだけホント無駄だ。

「いや、サプリなんだからそれって当たり前だろ・・・?」

そう思うよな!?
けど、実際のところペニス増大に期待できる成分が含まれていないのに「ペニス増大サプリ」って宣伝してる精力剤は結構あるんだぜ?
そんなの・・・そんなの何も知らないと騙されるに決まってるよな!?

医療関係に勤めてた人や学生時代に薬用成分のことを学んでたって人じゃないとサプリの広告に書かれてある成分の名前を見ても「?」ってなるよな。
だから、どんな成分だとペニスを大きくできるのかはちゃんと知っておくべきだと思うぞ。

これはペニスを大きくしたい人はもちろんだし、自分の包茎を増大サプリで治したいって思ってる人にも言えることだ。

増大サプリに含有されてると「おっ」っても成分

増大サプリに入ってるとそのサプリの信頼度がかなり上がる成分は次の通りだぞ。

増大サプリには欠かせない!L-シトルリン

色々と調べた結果、このL-シトルリンが入ってる増大サプリと入ってない増大サプリとでは全然効き目が違うってことが分かったぞ。
つまり、これがないとペニスを大きくすることはできないってレベルだわな。

でも、L-シトルリンにはすげえ強力なペニス増大作用があるってワケじゃねえ。
というかL-シトルリンの効果は血流をスムーズにするって作用で、ペニスに特別なことをするってことはないぞ。

でも、この血流をスムーズにする効果はペニス増大にめちゃいい影響がある。

なんでかって?
血流が良くなるってことはそれだけ多くの栄養がペニスに送り込まれるってことで、それはペニスの再成長に繋がるってことだからな。

ペニスの再成長はペニスがもっかい大きくなりやすくなるってことだぞ?

成長ホルモンの分泌に作用するアルギニン

アルギニンもシトルリン並みに有名なペニス増大サプリだから覚えといた方が良いぞ。
これが含まれていないペニス増大サプリとかそうそうないみたいだけど、一応な?

アルギニンの効果は簡単に言うと成長ホルモンとか男性ホルモンが分泌される量を増やすことができるって感じだ。

成長ホルモンの分泌量が増えるとかそれだけでペニス増大に期待できるとこあるよな(笑)
成長ホルモンの分泌量が減るとペニスは小さくなるみたいだからなあ。
で、その逆もまた然りで、成長ホルモンがたっぷりあると想像以上に大きくなるってことよ。

余談だがアルギニンが入っている精力剤にL-シトルリンも入っていたらそれは当たりなんだってよ。
なんせこの2つの成分はそれぞれ相乗効果を発揮してポテンシャル以上の結果を出すみたいだからな。


ペニス増大をサプリで成し遂げようってんならこの2つの成分は欠かすことができないな。

まあ、欲を言えばL-シトルリンとアルギニンだけじゃなくて亜鉛、トリプトファン、マカみたいな精力増強に良いって言われてるような成分が入ってるとさらに良いみたいだな。

なんせ勃起しやすくなるペニスってことはそれだけで大きくなりやすいペニスにできるってことだからな。

それに仮性包茎、老人性包茎、埋没包茎でもたくさん勃起して皮が勝手にめくれるような癖がついた方が包茎治療もしやすいぞ。
やっぱ剥き癖ってのは自分で努力するんじゃなくて勝手にできてるのが理想だよな。

見栄剥きしてる自分ってちょっとかっこ悪いからな!

また、ペニス増大マニアさんでも書かれているが増大成分を含有しているだけでは意味がない!

ペニスを大きくする成分が入っていなければ意味がありませんし、その成分の量も少なければ十分な効果を発揮してくれません。

そして、精力剤に含まれているペニス増大成分すべてがバランスよく配合されていることも十分な増大効果を発揮するためには必要です。

引用元:ペニスを大きくする成分一覧 ペニス増大マニア

サブコンテンツ

このページの先頭へ