包茎手術で失敗しないための全知識

包茎を治す手段は色々とあるけど、俺はサイトトップでも書いたとおり、理由がない限り包茎手術による治療をおすすめするぜ。

包茎は色々ある男の下半身のコンプレックスの中でも一番治しやすい。
なんでかって?
それは包茎手術っていう、確実かつ手軽な手段を選べるからだな。

短小ペニスの増大も手術でなんとかできるけど、何度か通院する羽目になるのがネックだな。
その点、包茎手術は基本的に1回で終わりだから手間いらず!

あ、ちなみにEDと早漏なんて手術って選択肢すらないからかなり治しにくいぞ(笑)

「ほーん。
まあ、包茎手術が良いってのは良く聞くわ。
けど、ぶっちゃけ他の包茎治療法でも良いんじゃね?」

まあ、こう思う人もいるだろうな。
手術ってできるだけ受けたくないし、何かとお金がかかるイメージもあるし。

だから、ちょっと包茎手術のことをまとめてみたぞ。
良かったら包茎治療法選びの参考にしてくれ。

包茎手術ってそもそもどんなことをするの?

包茎の人なら多分誰でも分かってくれると思うけど、包茎手術を受けようかどうしようかってのは一度は真剣に考えるよな。
特に恋愛したときとか(笑)
だから、包茎男なら包茎手術ってものがあることは知ってて当たり前みたいなとこある。

けど、包茎手術がどんな手術なのかってことを知ってる包茎男は少ないんじゃないか?

良く知らないから包茎手術に対して結構ネガティブなイメージを持ってる人って多いと思う。
高い費用、ペニスに手術跡がつく、保険が効かない、術後にペニスが痛む、不感症になる・・・
多分、包茎手術に対してこんなイメージを持ってる人って多いと思う。

実際、包茎手術ってのはどんな感じなんだろうな・・・

ってことで包茎手術について色々と調べてみたぞ。

真性包茎・カントン包茎を唯一治せる!

ペニスを大きくさせる包茎治療法とか包茎矯正器具とか包茎を治す方法は手術以外にもあるけど、どれもこれも真性包茎とカントン包茎を治すことはできない。

なんせ皮の長さに問題がある包茎で、何とかして皮を短くしたり開かないと何ともできないからなあ。
って考えたら皮を切ったり縫ったりする包茎手術だけが真性包茎とカントン包茎を治すことができるって事実に行きつくんだよなあ。

真性包茎とカントン包茎の人は悩まずに手術、OK?

包茎手術はすぐに終わる!

どのメンズクリニックでも包茎手術にかかる時間なんて1時間もないぞ。

術前にするカウンセリング、術後にする軽い問診、この2つを合わせたトータルの時間でも多分2時間とか3時間はかからないんじゃないか?
そもそも、包茎手術の種類によっては手術自体は10分もかからないってところもあるしな。

だから、仕事帰りでもOKだし、ふらっと行って半日もせずに帰って来れるから誰にも悟らせないまま包茎を治せるって感じで良いかもな。

包茎手術で切る?切らない?

包茎っていったら余計な皮が亀頭の露出を邪魔してる状態だ。
だから、この皮を何とかするのが包茎手術のなんだが……実はこの手術は大きく2種類に分けることができる。

それは「皮を切る包茎手術」と「皮を縫う(=切らない)包茎手術」の2つだ。
それぞれに特徴があるからかいつまんで紹介するぞ。

皮を切る包茎手術

オーソドックスな包茎手術。
亀頭を完全に出すことができるし、今後だぶついた皮が残るってこともない。
ただ、クリニック選びをしっかりしないと「あ、こいつ包茎手術したな」ってのが完全に分かるような仕上がりのペニスになる危険性はあるな。
あとクリニック次第で手術跡が残る可能性もあるから注意が必要だ。

皮を縫う(=切らない)包茎手術

最近流行りの包茎手術方法が余計な皮を縫い付ける手術。
亀頭を出すことができるし、変に手術跡がつくことがないし、なにより30分もかからずに終わるっていうスピーディさが魅力!
けど、この皮を縫う手術は糸が抜けたり吸収されるたびに手術を受けないといけないってデメリットもあるぞ。

包茎手術はそこそこな費用が高い!

包茎手術は手術なだけあって確実に包茎を治すことができるぞ!
ただ・・・まあ、やっぱりその分、お金がかかるワケだが。

そもそも包茎手術は美容形成手術の一種だから医療保険が適用されないのが地味にキツい。

まあ、クリニックによっちゃかなり安い料金で最新の包茎手術を受けることができるし、独自の医療ローン(安心!)もあるからそんなに負担はないぞ。

そもそも、そういう不安をなくすために明朗会計の包茎治療クリニックばかりだしな。

クリニックで細かいとこは変わってくるかもしれんが、包茎手術ってのは大体こんな特徴があるぞ。
どの特徴も他の包茎治療法と見比べるときに目安になりやすいことばっかりだぞ。
だから俺としてはしっかりと覚えておいて欲しい。

包茎手術に不安を持つ人はコレを読んでくれ!

包茎手術に不安を持つのは仕方ないよな・・・
かくいう俺もこのサイトを作るために色々と調べるため不安に思ってたし。

手術って得体の知れないもんのために自分の包茎ペニスを医者に出すのに抵抗持つよなあ。
だから、ちょっと包茎男が手術に対して抱えがちな不安とその答えを書いてみたぞ。

同じ包茎だからこそ分かる悩みを共有できたら管理人として最高だな!

「手術後のペニスってどう?痛い?」

手術をしたあとの心配っていったらやっぱり麻酔が切れた後のことだろ。

包茎手術ももちろん麻酔をしてからするんだけど、そのあとのペニスに痛みがあるかどうかって気になるよな。
だから、ちょっと包茎手術を受けた色んな人に話を聞いてみた。

結果、麻酔が抜けた後の痛みはほぼないみたいだぞ。
かすかに痛みがあるかもしれないけど、全然気にならないレベルらしい。

むしろ、包茎の人にとってあまり不慣れな(真性包茎の人にとっては初めて!)亀頭露出の方が厄介かもな。

え?どういうことかって?
そんなの亀頭がパンツとかとこすれるときの刺激に慣れてないからって意味よ。

あ、別に痛いとかって話じゃなくて慣れの話な。

「術後の仕上がりってどう?」

どのクリニックを選んだかとか余分な皮をどうしたかで話は変わってくるけど、基本的に術後のペニスの仕上がりは綺麗なもんだぞ。

というか逆に綺麗過ぎて不自然になることが多いのが問題だな。
だから、皮を自然な仕上がりにするための特別な手術をしてるクリニックがあるほどだ。

あと、包茎手術をしてようやく出てきた亀頭は先細りしてることが多い。

まあ、今までずっと皮で邪魔されてきたから仕方ないよな。
だから、この亀頭の見た目を良くして仕上がりを完璧にするために一緒に亀頭増大手術を受けるってのもアリだぞ。

問題としては医者の方からこの亀頭増大をしつこくすすめられる場合、流行りの「包茎治療詐欺」を疑った方が良いぞ。
これは事前のカウンセリングで判断するべきだな。

「失敗するとどうなる?」

成功率が100%に近いとはいえたまーに失敗することがある。
どんな簡単な手術にも言えることだな。

もちろん、これは包茎手術にも言えるワケで……

包茎手術が万が一失敗するとどうなるのか。
よく「不感症になる」とか「セックスのときペニスが痛むようになる」とかって言われてるけどそんなことはありえないぞ。
包茎手術の失敗が原因でペニスが刺激に対して鈍感になることもなければ、敏感になることもないので安心してくれ。

じゃ、包茎手術が失敗するとどうなるのか?

正解はすんごく見た目が悪いペニスになる、だな。
手術跡がついてるわ、包皮の切断した部分がモロ分かりだわと悲惨だな。

こうなると別のクリニックで他院修正治療を受けることになるから要注意だ。
といっても最初行ったように包茎手術で失敗するとかそうそうないから安心してくれ。

「泌尿器科とクリニックで手術は違う?」

包茎手術は泌尿器科とクリニックで受けることができるな。

この2つはどう違うのか説明するぞ。

手術費用が安いのは文句なしの泌尿器科だ。
最低でも3万くらいは違ってくるんじゃないか?

ただ、泌尿器科だと真性包茎しか手術してもらえないぞ。(他の4種類の包茎は治療対象外)
あと仕上がりの良さとサポート対応の良さはクリニックに軍配が上がるぞ。

まあ、専門でやってるんだから当たり前だわな。
だから俺としちゃ特別な理由がない限りはクリニックで包茎手術を受けることをおすすめする。

包茎手術の俺なりのまとめ

どうだ?
少しでもこの記事で包茎手術への意識を変えることができたなら管理人として嬉しい。
色々な特徴があるけど、やっぱり俺としちゃ色々ある包茎治療法の中で手術だけが真性包茎とカントン包茎に対応してるってことには注目して欲しいと思うぞ。

真性包茎とカントン包茎で悩む男性の数は少ないとはいえ厄介なことに変わりないし、放置しておくのは絶対にNGだからな。

逆に言えば真性包茎・カントン包茎以外の人はペニス増大と包茎手術のどっちかで包茎を治すことになるんだけど、俺としちゃ好みで良いと思うぞ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ