カントン包茎は放置したら取り返しのつかないことになる」と焦って、このページをチェックしにきたんじゃないかぁ。

たしかにカントン包茎を戻さない、戻せないでいるとペニスがむくんで腫れてくるからな。

でも、「痛みをともなう手術は嫌だ!」ってビビっているんだろ?

でだぁ、手術しなくても治るかもしれない方法があるなら知りたいだろ。

知りたいって、わかった。まぁ焦るなよ。

俺が実践した自力でカントン包茎を治す方法を教えてやるから。
まぁ、手術を決心する前に一度試してみてくれ。

カントン包茎とは?軽度、重度は関係なく危険な状態

カントン(嵌頓)包茎は、わかりにくい症状だから、まずは状態について説明していく。

カントン包茎とは、通常時に包皮をずらして亀頭を露出させることができても、包皮口がすごい狭いと亀頭部(カリ)に引っかかって包皮を戻せなくなる。

その状態から戻せない、戻さないでいると包皮がむくんで腫れてくることがある。

カントン包茎は、この状態のこと。

で、この状態だとペニスが圧迫されつづけるってことだから、亀頭部がうっ血してくる可能性がある。締めつけられた状態を放置してしまうと、最悪うっ血している場所が壊死する恐れがある。

だからカントン包茎に一度でもなったことがあるやつは、病院・クリニックで早く治したほうがいいっていわれているんだよなぁ。

ちなみに、カントン包茎から戻せる状態を「軽度」、戻せない状態を「重度」ってネットで書かれていることがあるが、カントン包茎に重度も軽度もない。

あとよく勘違いされているけど、通常時は自力で剥けるけど、勃起したときに剥こうとすると包皮口が狭くて剥けないっていう状態は、正確には仮性包茎だからなぁ。
ただ、勃起するとカントン包茎になりやすい状態だから、以下で俺が紹介する「包皮口を広げるトレーニング」をすれば改善する。

カントン包茎を治す方法-包茎手術と自力の治し方を比較

お待ちかねのカントン包茎を治す方法について紹介していくなぁ。

自力の治し方を伝授していく前に、まずは下の比較表をみてくれ。
「包茎手術」と「自力で治す方法」を比較した表だ。

包茎手術 自力で治す
確実性
即効性
期間

即効

改善するかわからない

痛み

あり

基本はない

リスク

あり

あり

表のとおり、自力で治す方法には確実性がないってことを理解しておいてくれ。後から文句いわれるのは嫌だからなぁ・・・
ただ、自力で治す方法の最大のメリットは、手術後の痛みを経験しなくてもいいってこと。

だから手術を決心する前に、俺が紹介する方法を試してくれよなぁ。

早く治したいってやつは、下のページで俺がオススメするクリニックに相談してくれ。
(もちろん今カントン包茎の状態のやつはすぐにクリニック・病院で相談しろよ。)

おすすめの包茎手術クリニック

自力でカントン包茎を治すには、包皮口を広げるトレーニングをする

カントン包茎は、包皮口が狭いことが原因で亀頭が露出してこないからおこる症状だろ?

だったら、

包皮口を広げる」これで治るじゃん!

しかも、方法は簡単だぞぉ。

STEP1:勃起させる
STEP2:亀頭を露出させるように剥く

たったこれだけ!
だいして、「勃起ムキムキトレーニング」。

勃起時に毎日、亀頭を露出させるように剥くことで、亀頭部に押されるように包皮口が自然に広がるっていう感じだなぁ。

ただ、ペニスに何もつけないで、この勃起ムキムキトレーニングをすると非常に痛いし、辛い・・・

なので、滑りをよくするローションみたいなジェルとかクリームをつけるといいぞお。

まぁ、俺はせっかく勃起ムキムキトレーニングをするんだかから、チントレと併用して、ペニスを大きくして、勃起力をアップしたけどなぁ。

そんときに俺が使ってたアイテムが「ヴィトックスリキッド(ジェル)」と「ヴィトックスα(サプリ)」だなぁ。

ヴィトックスリキッドについては、下のページで詳しく紹介しているから、気になるやつはチェックしてくれ。

2chでも評判のヴィトックスリキッド

期間とかは、包皮口の狭い、広いによって変わってくるから、3ヶ月なのか6ヶ月なのかとか断定するのは難しいなぁ。
でも、勃起ムキムキトレーニングをしていて、効果を実感できないようであれば、クリニックや病院に相談したほうがいいなぁ。

包茎手術で治す-手術後の痛みや費用は?

上で紹介した自力で治す方法を試しても治らない、カントン包茎の状態から元に戻せないっていうやつは、クリニック・泌尿器科で相談したほうがいいなぁ。

といっても、

  • 包茎手術の費用は?保険は適用されるの?
  • 手術後の痛みや回復期間は?
  • 仕上がりは?傷跡は残るの?

といった不安や心配があるよなぁ。

まずは、下の比較表をみてくれ。
表は、包茎の専門クリニックと一般病院(泌尿器科)について比較した表だ。

専門クリニック 一般病院(泌尿器科)
保険
費用 10万~30万 3万~5万
仕上がり

表のとおり、カントン包茎の治療は、一般病院の泌尿器科で手術を受けると保険が適用され、自己負担する費用は、3万円~5万円ぐらいだなぁ。

えっだったら保険が適用される一般病院の泌尿器科で手術したほうがいいじゃん」と思ったやつ、焦ったら失敗、後悔する原因になる。

なぜなら、手術後の「仕上がり」と「感度」を考慮してないからなぁ。

一般的に泌尿器科でおこなわれる手術の方法は、環状切除術。
この術式は、ポピュラーな方法だから安心感はあるんだが、傷跡は目立ちやすい、感度が低下するリスクがあるといったデメリットがあるんだよなぁ。

で、これに対して専門クリニックの手術は、亀頭直下埋没法という方法で、傷跡が目立ちにくい、感度が低下しにくいといった特徴がある。
仕上がりも、自然な感じで違和感がない。

まぁ、費用・値段の安さをとるか、ちょっと高くても手術後の仕上がりをとるかっていう話だなぁ。

俺なら手術件数が多くて、経験豊富であろう、包茎の専門クリニックを選ぶがなぁ。

カントン包茎の手術を受けたいけど、費用・値段、術後の痛みや経過について不安のあるやつは、合わせて下のページもチェックしてくれ。

包茎手術で失敗しないための全知識

包茎手術クリニックが早く知りたい!というやつは、下のページで俺がオススメするクリニックを紹介しているからチェックしてくれ。

おすすめの包茎手術クリニック

カントン包茎を治すことができれば、性行為にも自信がもてる

どうだ、カントン包茎を治す方法を理解することができたか?

まぁ、確実性は手術に比べたら低いかもしれないが、まずは、カントン包茎を自力で治すことができる「勃起ムキムキトレーニング」を実践してみてくれ。
包皮口が広がるようであれば、効果がでているから継続してやれば、少しずつ改善していくからなぁ。

それでもダメなときは、包茎クリニックに相談して、手術するかどうかを決断したほうがいいからなぁ。

カントン包茎は、放置だけはするなぁ!

自信をもっておすすめできる包茎手術クリニックはここだ

             

クリニック名 上野クリニック(詳しく ABCクリニック(詳しく
手術方法 ナイロン糸、吸収糸、修正再生術
(美容治療手術、コラーゲン製剤、ヒアルロン酸注入、ブツブツ除去)
ABC式CSカット、ABC式 真性包茎Sカット、ABC式Sカット、ABC式 カントン包茎Sカット
手術/治療費用(税別)
<仮性包茎>
¥72,000~ ¥50,000~
手術/治療費用(税別)
<真性包茎>
¥72,000~ ¥150,000~
手術/治療費用(税別)
<カントン包茎>
¥72,000~ ¥150,000~
お支払い方法 現金・クレジットカード 現金・クレジットカード
地域 全国14医院
札幌、仙台、新潟、大宮、上野、新宿、横浜、千葉、名古屋、京都、大阪、岡山、広島、福岡
全国15医院
札幌、仙台、大宮、船橋、新宿、神田、立川、横浜、名古屋、梅田、なんば、神戸、高松、広島、福岡
診察時間 10時~20時 10時~20時
予約方法 ネット簡単予約 ネット簡単予約
無料相談 あり(30分無料) あり(30分無料)

専門クリニックの中では、この2つのクリニックが他を圧倒している。

じゃあ、もう少し詳しく説明していくぞ。

上野クリニック

年間治療実績が1万人超と圧倒的に多く、料金もリーズナブル!

上野クリニックは国内で最も有名なメンズクリニック。
1998年の開業以来、年間約1万人超、累計20万人以上の治療実績を誇る国内最高峰のクリニックだなぁ。

包茎治療やED治療、ペニス増大だけでなくSTD(性病)治療や男性美容、AGA(男性型脱毛症)治療と男が抱えがちな数多くの悩みすべてを解決することができるぞ。

ABCクリニック

セカンドオピニオンと他院修正治療数の多さが示す人気の高さ!

ABCクリニックは上野クリニックほどの知名度はないが、その技術力に定評がある。

それを示す一つのカギがセカンドオピニオンと他院修正治療数の多さだ。

つまり、他のクリニックで話を聞いたけど不安になった方が訪れる回数が多く、また、他のクリニックで手術したものの仕上がりが微妙で、ABCクリニックに駆け込んでくる人が多いってこと。

それもそのはず、このクリニックは院数が全国に15もあり、知る人知る優良クリニックなんだ。

しかも、それでいて料金も高くはない。
特に、仮性包茎の治療だと、業界最安クラスの5万円~という料金設定。これはありがたい!

実力面でも金銭面でもおすすめできる、唯一の包茎クリニックといえよう。

いきなり”手術”っていわれても、ピンって来ねえもんだよなぁ。

まぁ、どのクリニックも相談は無料でできるし、(特に大手は)相談したからといって無理にひきとめたりはしないんで、気になるようだったら相談してみることをお勧めするぞ。